Concept


- コンセプト -

Concept


- コンセプト -

あなたの“しあわせ”を
つくるレストラン

人生がより良い流れに変わる
キッカケとなる
幸運のフレンチレストラン

Philosophy


- フィロソフィー -

~Mission~

生きるために食べる
食べることで生きる

ほんとうの豊かさを考えてもらい、
食の安心・安全だけでなく、
生き方そのものが
変わるヒントとなる料理・サービスを提供します。

食の原点回帰の時間を創り出し、
三つのこだわり

「食材×技術×ふるさと」

を通じて生きる人間の姿を探求し、

九州・大分の食材によるフレンチが
世界的に認められる未来をつくる。

~Values~

お客様との約束

食べる前の高揚
食べた瞬間の感動
食べた後の余韻と安心

食と雰囲気が創る笑顔いっぱいの時間。
懐かしいけど新しい感動を提供し
幸運のフレンチを実現します。

働く人との約束

プロである必要はない。
仕事への取組みとコミュニケーションを通じ、
世界観の広がりと人間的成長につながる
学びの場を約束します。

地域との約束

ふるさとの魅力を伝える仕事に取組み、
持続成長可能な地域づくりに貢献します。

経営者・株主との約束

経営を継続することにより、
多くの人との出会いと学びの機会より
経営者として成長します。

Vision


- ヴィジョン -

幸運があふれるフレンチを実現するために、

流行に流されず、オンリーワンのブランドづくりを目指します。

食:地産地消、安心安全の食材にこだわり続けます。
技:料仕事の質を高めるため、料理の技術を学び続けます。
ふ:九州、竹田、店舗のある地域、フランスに感謝し、最高の料理を目指します。
人:レストランで働く楽しさを自ら見つけられる人を目指します。
空:感性を大切にした店づくり、接客を行います。

Origin


- 店名の由来 -

TOMOは、オーナーシェフの名前より。
Cloverは、ことあるごとに四葉のクローバーと縁があったため、
幸運があふれるレストランを経営したいとの思いが合致し、TOMO Clover と命名。
その名の通り、ご利用いただいたお客様には、プロポーズを行うケースもあり、すべて成功しています。

Profile


- プロフィール -

大久保 智尚

Tomonari Okubo

フレンチレストランTOMO Clover
大久保食堂 オーナーシェフ

クラシックなフランス料理と、大分の雄大な自然の恵みを活かした食材で、
情熱的で新しいイマジネーションを追求し、大分にpremiumなフレンチを提案しています。

【経歴】
1977年 大分県竹田市長湯温泉生まれ
公務員の父が休日ごとに作る料理、一皿ずつに込める想いのこもった料理に
惹かれたことから、料理人としての出発地点となる。
福岡県福岡市中村調理専門学校 卒業
福岡 ソラリア西鉄ホテル 東京
溜池山王 フランス料理「ビストロ・ボンファム」
渡仏 フランス、パリ、ブルターニュ、リモージュ星付きレストランやビストロ勤務
東京 銀座「Le 6eme Sens」 フランス ブルゴーニュ、
サンス レストラン「MIYABI」レストラン「La Madeleine」
グルノーブル「Le Fantin Latour」サンジュリアンデソワ「Les Bon Enfants」

【イベント事業】
軌跡の晩餐と呼ばれる野外レストラン『DINING OUT TAKETA』世界中から
注目を浴びる。
東京銀座「エスキス」リオネル・ベカ氏、村島輝樹シェフの助手として参加。
竹田市岡城跡で「DRUM TAO」のメンバーのパフォーマンスで
クリエイティビティな演出で行われた。
大分若手料理人「食ラボ大分研究所」メンバー
別府世界温泉地サミット 食の饗宴 “食ラボ大分×ANA“
大分県竹田市役所のカボス、しいたけ、サフランを使った料理
東京 銀座白つるビルにおいてPRイベント。
サフランを使った数々の独創的な料理を作りPV製作に協力。
その他多数のイベントに参加。テレビや、ラジオ出演など多岐にわたる